field_agm_tmr.jpg

カッティングTMR給餌

緑産のソリューション

1985年、緑産は来たる大型畜産酪農経営の時代を支えるため、TMR給餌機械『ミクストロン』を開発しました。
独自のカッティングとミキシング技術で嗜好性を損なわない均一な飼料がわずか15分程度の驚きのスピードで作られます。
このTMR給餌により、牛の健康を維持し乳牛においては毎日の乳量が20%以上向上します。
また生産量毎日の給餌作業を効率化することで負担を軽減し、高収益経営に貢献します。
30年以上の実績と改良を重ね、日本の飼養形態に適合する各種のモデルも追加し、今日ではトップブランドとして全国15000か所の牧場で活躍しています。