緑産は、「環境と経営」が調和する資源循環型の社会づくりをサポートします。

沿革

緑産のあゆみ

有人宇宙船アポロ11号が人類で初めて月面にその一歩を記したのは1969年(昭和44年)。
その年、緑産株式会社は資源の有効的循環利用による農業、環境社会の構築を主題に、
関連する機器の開発・製造販売を目指し、神奈川県相模原市に設立されました。
爾来、当社の「食」と「環境」をベースにした事業展開は「生物資源のエネルギー」利用にまでその活動範囲を拡大しております。
生物資源の有する限りない可能性を機械と技術で私共の社会に生かし、
自然と共存していくこと-For a Green World.-
私共はこの事業テーマを今後共、発展・継続してまいります。

  • 1969年
    3月8日、緑産株式会社設立。農業・環境保全用散水機器の製造・輸入販売、同施設工事を主要業務として事業を開始。
  • 1972年
    墺国BAUER社と家畜スラリー高度利用土地還元システム機器及び大型かんがい機器の製造、販売、技術提携を行う。農水省の畜産環境保全事業に伴い、全国に事業を展開。以後、同社のポンプタンカー、バキュームタンカーのライセンス生産及び関連機器の製造も開始し、斯業の国内市場とその地位を確立。
  • 1974年
    盛岡市内に営業所を開設。以後、順次、札幌、福岡市内に開設する。
  • 1981年
    相模原市田名に本社・工場新築に着手、翌1982年本社を当地に移転。
  • 1986年
    伊国SEKO社と飼料ミキサーフィーダーを中心とする各種農業・環境機械の開発、製造など包括的パートナーシップ契約、新機構の「ミクストロン」を開発し、販売開始。新しい給餌体系の確立と市場を創造する。以後、北見市、帯広市に営業所を開設、営業網の拡大を図る。
  • 1993年
    生物資源の循環利用、バイオマス分野の事業を拡大すべく関連ビジネスを統合し、環境システム部を創設。地域社会から排出される生ゴミ、剪定枝、食品残渣のコンポスト化に対応する大型コンポストターナー、木質燃料製造用等の樹木破砕機などで独自の技術を有する墺国Komptech社と技術及び販売提携、当分野で事業活動を本格的に開始。
  • 1996年
    中小企業創造活動促進法に基づく企業認定を受く。墺国シュタイアーマルク州知事より当社の永年の同州の産業発展に寄与したことによりゴールド名誉勲章を授与される。
  • 2000年
    小型~大型のコンポストターナーシリーズ、及び樹木破砕、スクリーンなど一連の生物資源循環システム機器が完成。好評裡に納入が進展。
  • 2001年
    生物資源を利用した低コストの校庭芝生化資材「エコロターフ」とその施工機械「ターフプロセッサー」を国の支援により開発。
  • 2003年
    札幌支社を江別市に新築移転。同所にBES生物環境科学研究所を設立。同研究所が経済産業省等の支援を受けて「Dr.コンポ」を開発。
  • 2004年
    米国ROTO社と木質系破砕機の製造委託契約。
  • 2007年
    独国JENZ社と木質燃料用破砕機などで製品開発及び販売提携。
  • 2013年
    独国RIELA社と木質燃料用乾燥機などで販売提携。
  • 2014年
    墺国Herz社と木質燃料ボイラーなどで販売提携。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 042-762-1021 9:00~17:30

PAGETOP
Copyright © 2015 RYOKUSAN co.,ltd. All rights Reserved.